川西 宝塚 伊丹で離婚にお悩みなら弁護士にご相談を| H&パートナーズ法律事務所 > 離婚の種類 > 協議離婚

協議離婚

ご相談「離婚を考えている」

この場合、どのように手続きを進めていけば、離婚することができるのでしょうか?

まず、離婚問題の解決は協議離婚→調停離婚→裁判離婚の順序で進んでいきます。

協議離婚とは、文字通り「話し合いで解決する離婚」です。日本における離婚はほとんどが協議離婚で解決していますので、皆さんが初めに検討するべきなのが、この協議離婚なのです。

ところが、「話合いなら弁護士に頼まなくても出来る!」と考えられ、自分たちで協議を進めてみたところ、互いに無茶な要求の応酬となって、協議が進まず困ってしまう方が多くいらっしゃいます。

また、早く離婚を成立させたい想いが先行してしまって、とにかく離婚だけを協議で決めたところ、今度は、離婚は成立したのに養育費や慰謝料についてきちんと決めていなかった、ということで、困った事態に直面してしまうケースも非常に多くあります。

さらに、相手方から「養育費は一人2万円が相場だ。それ以上は請求できない」とか「弁護士に頼めば何百万も金がかかるぞ。そんな金ないだろ。早くハンコをつけ」等完全に間違った情報を伝えられ、それが正しいのか分からずに離婚してしまって、後で後悔する人もいます。

このような事態にならないために、弁護士がいるのです。

協議離婚段階において弁護士が介入するメリットとしては

  1. 法律に沿った合理的な内容の離婚条件の交渉ができ、あとで後悔しなくてよくなる
  2. 専門家のチェックの入った離婚協議書を作成することによって後々のトラブルを未然に防止することが出来る
  3. そして何より、本人同士で話し合う必要が無く弁護士が代理人として進めることが出来ることです。

実は、この③のために弁護士に依頼したいという要望はかなりあります。やはり、一旦壊れてしまった夫婦の間で、お金や子どもの絡む離婚条件を冷静に話し合うことはかなり困難であり、精神的にきつい作業なのです。

以上のとおり、協議であるからといっても、弁護士を介入させるメリットは様々ございますので、皆様も、早い段階から弁護士に相談することによって早期解決や納得解決の可能性が高めて頂きたいと思います。

当事務所には離婚問題に精通した弁護士が多数在籍しております。是非一度当事務所にご相談ください。


離婚できるかお悩みの方へ 0120-744-023

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
H&パートナーズ法律事務所のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP