川西 宝塚 伊丹で離婚にお悩みなら弁護士にご相談を| H&パートナーズ法律事務所 > 面会交流について

面会交流について

事務所内観2「親権は相手にあるが、定期的に子供には会いたい」

親権は取れなくても、子供には会いたいと思うのは親としては自然なことです。

親権を持たない親が、子供に会って一緒に時間を過ごすことを、面会交流といいます。

会う頻度、場所などは、子どもの年齢,性別,性格,就学の有無,生活のリズム,生活環境等を考えて,子どもに精神的な負担をかけることのないように十分配慮して、子供の意思も尊重して決めます。

会うことで子供に悪影響を及ぼす場合には、面会交流権が制限される場合があります。

「離婚の話し合いがこじれたまま妻が子どもを連れて実家へ帰ってしまっているとき」、
「妻が夫に子どもをあわせないようにしている」といった場合は、離婚成立の前後を問わず、夫は家庭裁判所に面会交流を求めて調停や審判の申立をすることができます。

面会交流の拒否・制限・停止は可能か?

親権者または監護者にならなかった方の親に、子どもを会わせないようにすることは原則できません。子どもに対する面会交流権は、明文の規定はありませんが、親として当然にもっている権利であり、かつ、子どもにとっても親に会うことが利益になるからです。
これは、最近の裁判所の考え方としても確立されたものです。

もっとも面会交流を制限・停止することが認められる場合もあります。
相手が勝手に子どもと会ったり、子どもを連れ去ろうとした場合、過去に子どもに対する暴力があった場合は、面会交流権の制限を家庭裁判所に申し立てることができます。

さて、面会交流の具体的内容を決まる場合、注意しなければならないことがあります。それは、取り決めをした後になって、子どもを監護している親が「やっぱり会わせたくない」として約束を破ることがあるため、予め約束を破られても大丈夫なように準備する必要があります。
この場合の取り決めの手法等については、、当事務所では豊富な経験を生かして適切なアドバイスをすることができます。

面会交流権は、とても重要な問題です。
後で後悔しないためにも、専門の弁護士にご相談ください。

離婚できるかお悩みの方へ 0120-744-023

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
H&パートナーズ法律事務所のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP