川西 宝塚 伊丹で離婚にお悩みなら弁護士にご相談を| H&パートナーズ法律事務所 > 親権判断の際の4つの指針(しんけんはんだんのよっつのようそ)

親権判断の際の4つの指針(しんけんはんだんのよっつのようそ)

① 監護の継続性の原則:未成年の子の精神状態の安定のため、できる限り離婚前の監護状態を維持することが望ましいと考えられており、離婚前に主として監護 を担ってきた親を優先する原則

② 母性優先の原則:特に子が幼少の場合、子を包み込み受け入れながら育む母性の必要性が高いことから、母性が優先されます。母性=母親ということではありませんが、この原則が適用されて、母親に親権が認められるケースが多いことは事実です。

③ 子の意思の尊重:親権者の決定によりもっとも影響を受ける子自身の意思を尊重するもので、子が15歳以上の場合には、審判や訴訟で、裁判所は子の話を聞きます。

④ 兄弟不分離の原則:兄弟姉妹はお互いの存在が健全な成長に必要で、同じ親に監護させるのが望ましいと考えられています。

※なお、裁判所は、父母双方の事情(子への愛情,従前の子との関係,交流の程度,健康状態,資産状態,居住教育環境,監護を補助する者の有無等)と子の事情(年齢,性別,健康状態,兄弟姉妹関係,発育状況,友人関係,状況変化への適応性,子自身の希望等)を総合勘案しつつ,未成年の子の福祉に叶うことを目的に親権者を選定しています。

離婚できるかお悩みの方へ 0120-744-023

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
H&パートナーズ法律事務所のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP