川西 宝塚 伊丹で離婚にお悩みなら弁護士にご相談を| H&パートナーズ法律事務所 > 有責配偶者(ゆうせきはいぐうしゃ)

有責配偶者(ゆうせきはいぐうしゃ)

有責配偶者とは、婚姻関係が破綻する原因を作り出した一方の配偶者のことです。浮気(不貞行為)をして婚姻関係を破綻させた配偶者が典型例です。
裁判では、有責配偶者からの離婚請求は原則として認められません。もっとも、以下の3つの要件を満たす場合には、例外的に離婚が認められることがあります。
① 別居が夫婦の年齢及び同居期間と比較して,相当の長期間に及んでいること
② 夫婦間に未成熟の子供が存在しないこと
③ 相手方配偶者が離婚により精神的,社会的,経済的に極めて苛酷な状態におかれることになるなど離婚請求の認容が著しく社会正義に反するような特段の事情がないこと(有責配偶者は離婚後の相手方の生活に対する配慮が求められます。具体的には,財産分与や慰謝料という形での十分な財産供与が必要となります。)

離婚できるかお悩みの方へ 0120-744-023

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
H&パートナーズ法律事務所のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP