川西 宝塚 伊丹で離婚にお悩みなら弁護士にご相談を| H&パートナーズ法律事務所 > 離婚とお金に関して知る > 慰謝料とは > 離婚後の慰謝料請求について 

離婚後の慰謝料請求について 

スタッフ一同離婚をする際には、とにかく今の夫(妻)と離婚をしてから、後から慰謝料、財産分与についても考えたいという方もいらっしゃいます。

そのため、よく当事務所にも「離婚後に慰謝料請求をすることは可能ですか?」というお問合せを頂くことがあります。

この問合せに対する回答としては、離婚後の慰謝料請求は条件付きではありますが、実施することが可能です。

慰謝料請求についての注意点に「慰謝料請求にも期限がある」という点があります。具体的には、慰謝料請求権は3年(時効)、また財産分与請求権については2年(除斥期間)があります。この期間を過ぎてしまうと請求ができなくなってしまいますので、十分に注意をしましょう。

また、よく協議離婚などで問題になることがあるのですが、離婚に際し「金銭的あるいは財産的請求は今後一切致しません」というような内容の約束をしている場合については、後日に請求をすることができなくなります。

このように、離婚後であっても慰謝料請求を行なうことは条件付で可能です。離婚後に慰謝料請求をしたいという方は、適切な金額を適切な方法で受け取るためにも、まずは専門家の弁護士に相談をして頂くことをお勧め致します。


離婚できるかお悩みの方へ 0120-744-023

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
H&パートナーズ法律事務所のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP