[事例8]夫・子供を残して実家に帰った妻が、子供に会わせてほしい旨夫に連絡すると、夫がこれを拒否した事例

スタッフ一同依頼者
30代女性

相手方
40代男性

結婚歴
10年

別居の有無
別居2年

子ども
2人(小学生)

主な争点
妻が子供に会えるかどうか

解決までの期間
5カ月

 

事案の概要

妻が、2年前に夫のモラルハラスメントに耐えかねて、精神のバランスを崩しやむなく子どもを残して家を出ました。妻は、実家で親と同居していましたが、やはり子供に会いたいという気持ちから、月に1回でいいので、子供に会わせてほしいと連絡をとったものの、夫は、妻が子供を残して一方的に出て行ったことを非難し、子供に会わせてくれないという事案です。

 

解決内容

調停の結果、月に1回、妻が子供に会う内容で面会が認められました。また、年に2回宿泊を伴う面会も認められました。

 

解決のポイント

このようなケースでは、早期に調停を申し立てて、裁判所の手続き内で、法的に妻が子供に会う権利を認めてもらうことが大切です。弁護士が入ることによって、妻の『子どもと面会する権利』を主張し早期解決に至りました。また、子どもと母親の関係自体に問題がなかったため、宿泊を伴う面会も認めさせました。

20〜30代の最新記事

女性の最新記事

面会交流の最新記事

離婚できるかお悩みの方へ 0120-744-023

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
H&パートナーズ法律事務所のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP