婚姻を続けながら不倫相手から100万円の慰謝料を獲得した事案

スタッフ一同依頼者

30代女性

相手方

20代女性

結婚歴

既婚

別居の有無

不倫発覚後別居

子ども

1人

主な争点

不倫相手の特定、不倫を認めさせることができるか

解決までの期間

3か月

相談に来たきっかけ

夫の不倫が発覚し、夫が不倫相手を取るとして家から出て行ったため、離婚を相談したいということで幣事務所にご来所。

事案の概要

結婚して10年以上のご夫婦で、お子様も中学生の子供が1人おりました。ところが、夫の様子がおかしいため、妻が夫の使っていた車のナビの記録を見たところ、遠方のある場所に頻繁に行っていることが判明し、また、携帯電話で特定の女性とメールしていることが判明。妻が関係を問い詰めたところ、夫が不倫を認め、出ていくことになりました。
 

解決内容

夫との間で離婚調停が提起されましたが、当方が納得できる条件ではなく、離婚調停は不成立となり、夫から離婚裁判も提起されなかったので、夫との離婚は成立しませんでした(この間「婚姻費用」という生活費を毎月10数万円支払い続けてもらっています)。
他方、不貞相手に対しては、離婚成立を待たず慰謝料請求を行い、協議だけで100万円を5万円ずつ分割するという内容で示談しました。

解決のポイント

不倫が発覚した場合、①配偶者と離婚する、②不倫は許してやり直す、という選択肢をとることが一般的ではあります。しかし、このケースは第三の選択肢として③「やり直さないけど離婚もしない」という選択をしました。
 このケースでは、不倫をした夫が離婚を求めて調停を起こしてきたのですが、慰謝料の提示額が当方の要求より大幅に低かったため、離婚調停は成立させなかったのです。
 では、奥さんはどのように子供を育てながら生活するのか、といいますと、奥さんは夫に対して「婚姻費用を支払え」という請求を行い、夫から離婚が成立するまでの間ずっと自分と子供の生活費を払ってもらうことができるのです。
 現に、このケースでも夫は生活費の支払いを嫌がったものの、家庭裁判所において当方の主張が認められ、住宅ローンのほかに月額10数万円の生活費の支払いが認められました。
 このように専門家である弁護士が介入することで、本人にとって妥当な解決を柔軟に図ることができるのです。

お客様の声

⑤

事務局スタッフの対応はいかがでしたか?

大変満足

弁護士の対応はいかがでしたか?

大変満足

当事務所の対応等全般について感じたことを、ご自由にご記入ください。

私の不安や不満を親身になって聞いてくれて、適切な対応やアドバイス、それに関わる事例や判例もすぐに調べて頂き、大変心強かったです。

 

不倫・不貞の最新記事

慰謝料の最新記事

離婚できるかお悩みの方へ 0120-744-023

当事務所の新着解決事例&トピックス

属性から解決事例を探す

性別
  • 男性
  • 女性
年代
  • 20~30代
  • 40~50代
  • 60代~
職業
  • 経営者
  • 医者
  • 主婦
  • サラリーマン
  • 専門家
  • その他
争点
  • 不倫・不貞
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 年金分割
  • 慰謝料
  • 親権
  • 面会交流
  • 離婚事由の有無
  • 財産分与
H&パートナーズ法律事務所のあんしんサポート

あなたに最適な離婚サポートは?

  • 協議離婚サポートプラン
  • 離婚協議書作成プラン
  • 公正証書作成プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 婚姻費用代理プラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 離婚調停代理プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 親権に関する調停・審判代理プラン
  • 親権に関する保全処分代理プラン
  • 不貞慰謝料請求プラン
  • 離婚後強制執行プラン
  • 面会交流交渉代理プラン
  • 面会交流調停代理プラン
  • 面会交流強制執行プラン
  • 協議書・公正証書作成プラン
  • 離婚訴訟代理プラン
  • 協議離婚サポートプラン
  • 協議離婚交渉代理プラン
  • 調停離婚サポートプラン
  • 離婚調停代理プラン
PAGE TOP